201x年に自己破産した主婦が人生やり直しを綴っていくブログ

自己破産した人が書くブログ

管理人

ブログ管理人が破産するまでの経緯をまとめています

投稿日:

自己破産した人が書くブログの運営をしております、管理人の迷子(めいこ)と申します。

 

破産するまでの経緯

 

個人事業主から社長へ

3人目の子供を出産後、パートと掛け持ちしながらフリーランスとして働きます。

2010年にフリーランスをメインに、TI関連の仕事を本格的にスタートします。夫の扶養範囲内で働きながら育児をしてきました。

しかし、転機がやってきます。

最初の転機は、自分が手がけたものが思わぬ利益を生み出したことが始まりでした。

そして、運の良さなのでしょうか、以前お世話になっていたSさんが一緒に仕事をしないか?と声を掛けてくれて、私に仕事をくださったのです。

これが法人成りのきっかけになり、Sさんの紹介でMさんと出会い、3人でコラボしてプロモーションをするという話が出来上がりました。

このプロモーションは1回で大成功をし、その後継続することで、更に大きなプロモーションとなっていきます。

仕事をこなすためには大きな経費を使うことにはなるのですが、それ以上のリターンがあるので、やっているときは苦とも思わずにどんどんと経費としてお金をつぎ込んでいきます。

何よりも、この仕事をしていると他の仕事をすることができないほどの忙しさがやってくるので、なかなか別のことに手をつける余裕がありませんでした。

ちょうど、お仕事をしてから4年5ヶ月位のときでしょうか。突然の仕事の中断を宣告されます。(理由は、プロモーションの見直しということでしたが。)

SさんとMさんからは、6ヶ月以内に再開の予定ということを口頭で伝えられました。

(口頭だったことがそもそもの間違いなんですが…)それでも、フリーランスで仕事を頂いてから10年くらいのお付き合いだったので、何も疑うことなく、打ち合わせを重ね、約束通りスタートするものだとばかり思っていました。

しかし、期日の6ヶ月が経過しても仕事が一向に動く気配がなく、その後のプロモーションのために経費をかなり使っていたこともあり、仕事がもらえないことの不安がどんどんたまっていきます。

他の仕事を請け負ってはいましたが、大きな仕事のほうが完全にメインとなっていて、小さい仕事をこなすということよりも早く大きなプロモーションがはじまらないか、そればかり考える日々でした。

期日を超え、1ヶ月、2ヶ月…5ヶ月経っても全くの音信がない状態で、仕事のために払っている固定費のせいで、私の会社も徐々に資金繰りが辛くなってきていたときです。何度か問い合わせをするのですが、お互いの日程が合わないという理由とか、ガチッと固まらないという感じでずっと先延ばしにされてきました。

そして、再開すると約束された期日から3ヶ月くらいしてからでしょうか。夏前に再開の予定だよ…ということ。(その言葉だけを信じて準備をして待っていました)

小さな仕事は請け負っていたので、固定費の払いをなんとかできてはいたのですが、これ以上プロモーション開始が遅くなると会社の内部留保の資金はなくなっていきます。

そんな焦っているとき、フリーランス時代の仲間が「Sさんとこってさ、Kさんとコラボしてプロモーションやっているよ〜これね、LP(URL)だよ〜」って言われたのは。

このSさんってのが私に仕事をくださっていた方で、新しい方とコラボしてプロモーションをされているということを初めて知りました。

この段階になってようやく私とのコラボはなくなったのだと気づくのです。

 

会社のお金が底をつく

仕事を再開するまで半年、3ヶ月後…と先延ばしにされてきて、あっという間に1年半くらいが経ち、もう会社に残っているお金はありません。

クレカ支払いのお金がない

リース費用払えない

など

ほとんどの固定費の支払いにクレジットカードを使っていましたが、法人カードなので分割ができません。カードの締めも月末に締めて翌々月10日払いということで、待ったなしに支払いがやってきます。

仕事が再開すればなんとかなる…

そんな甘い考えで、金融機関からの融資を決意し、借り入れをしました。

しかし、半年経過しても仕事の再開はなく、据え置きしていた借り入れの返済がスタートします。

我が家の経済状況も決して良くないので、夫の給料だけで生活はできませんが、それでも会社のほうが大切ということで、自分の役員報酬を未払い状態にして、なんとか1年6ヶ月我慢しました。

もう限界というとき、自己破産という言葉が私の目の前に飛び込んでくるのです。

 

自己破産するしかない…

私の目の前に飛び込んできた「自己破産」ということば。

必死にいろいろ、調べてみました。

法人破産は代表取締役も自己破産になる場合が多い

ということを考えたとき、私の個人資産がどのくらいあるのか?ということを先に調べてみました。

あった資産は「銀行預金」のみ。

そんなタイミングで流れてきたのは「アディーレ法律事務所」のテレビCM。

フリーダイアルに電話してみたら、

現時点で自己破産の手続きに関するご相談は、1ヶ月以上先になる

ということを伝えられ、お急ぎならば弁護士会に相談するか、法テラスに相談するかのどちらかになりますと伝えられました。

そこで、法テラスという場所があるということもその時知り、調べてみると

個人事業主で法人成りした代表取締役は法テラスに相談できる

ということを知り、早速、法テラスに電話をします。

それが2月上旬のこと。

そこから私の会社破産と個人の自己破産がスタートするのです。

続きは、ブログ記事に残しておりますので、参考になれば幸いです。

 

管理人 迷子(めいこ)

 

-管理人

Copyright© 自己破産した人が書くブログ , 2019 All Rights Reserved.