201x年に自己破産した主婦が人生やり直しを綴っていくブログ

自己破産した人が書くブログ

自己破産

実際にかかった自己破産の費用ってどのくらいだったのか?

投稿日:

破産からすでに2年以上が経過しました。

先日、ようやく破産に関する書類を整理することができ、実際に破産にかかった費用をこちらに公開させてください。

会社破産と個人破産の両方を載せておきます。

スポンサーリンク

自己破産にかかった費用のすべて

会社破産、個人破産にかかった費用の合計は…

約113万円

でした…

 

会社破産の費用の内訳

弁護士の着手金:300,000円

申立手数料:1,000円

予納郵便代:4,002円

予納金:13,197円

引継予納金:400,000円

振込手数料:1,188円

証明書:300円

 

個人破産の費用の内訳

弁護士の着手金:150,000円

申立手数料:1,500円

予納郵便代:3,132円

予納金:13,834円

引継予納金:200,000円

振込手数料:1,188円

証明書:300円

裁判の日当:5,000円

弁護士費用の消費税:36,000円

 

合計金額:1,130,641円

 

その他、管財人弁護士に回収された売上金などがありそれが会社と個人合わせて50万円くらいなので、合計で163万円くらいかかったという感じです。

ただ、この売上金回収の中から、延滞している税金の支払いがされたことで、私の個人で未払いになっていた国民年金、国民健康保険料などが支払われており、その分は費用に含めずともいいと思います。

 

 

 

 

-自己破産

Copyright© 自己破産した人が書くブログ , 2018 All Rights Reserved.